health news

胃腸の役割

胃腸の役割

消化管とは、口から肛門まで続く1本の管のことをいいます。食物はこの消化管を移動して順次、肛門へと向かっていきます。その際、消化管は、化学的・物理的消化作用によって体に必要な栄養素を取り込み、不要なものを排出する働きをしています。したがって、消化管の一部である胃腸は、生命を維持する重要な役割を担っていることになります。


食物を噛み砕いて消化されやすい形にすると同時に、食物と唾液をよく混ぜ合わせて飲み込みやすい形にします。その食物は、食道を通って胃に送られます。


食物を貯えながら胃液中の塩酸や消化酵素ペプシンにより消化を行い、どろどろになった食物を少量ずつ小腸の入り口にあたる十二指腸へ送り込みます。

小腸
6~7メートルにも及ぶ管状の臓器である小腸(十二指腸、空腸、回腸)の役割は、何種類かの消化酵素の助けにより栄養素の吸収を行います。

大腸
大腸には消化機能はほとんどなく、水分を吸収して糞便を形成、排泄します。

人の体に必要な栄養素を吸収し、不要なものを排出してくれる胃腸は、健康な体を維持するためには重要なものです。体の健康は胃腸からといわれているように胃腸にトラブルがあると、健康な体を維持することはできません。胃腸の病気の原因は、日常のストレスや不規則な生活、不摂生などでも引き起こされます。胃腸を大事にして健康な体を保ちましょう。そのためには、休息や睡眠、食べ過ぎ・早食いは避け、よく噛んで、タバコを吸う人は吸い過ぎには気を付け、お酒は飲み過ぎず、ウォーキングなどの適度な運動を心がけましょう。

胃腸の役割イラスト