health news

じんましん

じんましん

じんましんは突然、皮膚に激しいいかゆみを伴う発疹が現れる病気です。じんましんは大きく分けて2つのタイプがあります。衣服のこすれ、日光、寒さ、温熱、振動、圧迫などの物理的な刺激によるものや、特定の食べ物やラテックスゴムなどに対するアレルギーによって起こる「刺激誘発型のじんましん」と運動で汗をかいたり緊張や興奮で発汗したりすることによって起こる「コリン性じんましん」に分けられます。ただ、このように原因がわかっているものは全体の約3割で、残りの7割は細菌やウイルス感染、ストレスなどの様々な原因が絡み合って起きていると考えられています。

皮膚の奥深く真皮にはヒスタミンという物質が含まれる肥満細胞と呼ばれる細胞があり、外から何らかの刺激が加わると、中からヒスタミン放出されます。そのヒスタミンによって血管が膨れ、血液中の血漿が血管の外に出ていくために、皮膚の一部が赤く腫れて盛り上がります。ぽつぽつした数ミリの円形状のものから数センチの地図状のものまで、形や盛り上がりの大きさはさまざまで、幹部をかくと赤いミミズ腫れができます。またヒスタミンは、皮膚の知覚神経を刺激して強いかゆみも生じさせます。

じんましんはどの年代でも発症し、初期のじんましんや症状が軽い場合、症状は数時間から一日ほどで跡形もなく消えてしまいます。症状が軽い場合には、抗ヒスタミン成分の入った市販の飲み薬や塗り薬で対処できます。かゆみを抑えたい時には氷や保冷剤で幹部を冷やすと効果的です。また、じんましんの原因がわかっている場合にはそれを避けることで予防し、疲労やストレスをためないように規則正しい生活を送ることも大切です。なお、じんましんはアナフィラキシーショックと呼ばれる重篤なアレルギー反応の症状として現れて命に関わることもあるため、体調が急変した場合などは早急に医療機関を受診しましょう。

じんましん