health news

ブルーライト

ブルーライト

ブルーライトとは、波長が380〜500nm(nmはナノメートルと読み、1mmの百万分の1の長さです。)の青色光のことで、私達が見ることのできる可視光線の中で最も波長が短く強いエネルギーを持っています。太陽光に含まれているのはもちろんのこと、私達が毎日のように使っているパソコンやスマートフォン、テレビやゲーム機などのディスプレイからも発生しています。昨今の生活様式はこのディスプレイを見る機会が長時間となっており、体への影響が懸念されています。

ブルーライトを発生するディスプレイなどに長時間さらされると、目や体に大きな負担をかけるといわれています。厚生労働省による「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」では、一連続作業時間が1時間を超えないようにし、次の連続作業までの間に10分〜15分の作業休止時間を設け、かつ、一連続作業時間内において1回〜2回程度の小休止を設けることが推奨されています。

ここまでの話だけではブルーライトは体に良くないイメージになりますが、一方で体のサーカディアンリズム(体内時計)をコントロールするという重要な役割も担っています。人の目の網膜がブルーライトの光を受けると脳は“朝”と判断し、メラトニンという睡眠をつかさどるホルモンの分泌を抑制して覚せいします。また、ブルーライトの光がなくなると脳は“夜”と判断し、メラトニンの分泌が活発になり睡眠が導かれます。

夜も明るい環境で遅くまでブルーライトを浴びる生活を続けていると、サ―カディアンリズムが乱れて、全身への悪影響は否めません。朝起きたら太陽の光を浴びてサーカディアンリズムをリセットし、毎日、体内リズムを整えて健康的な生活をしましょう。

ブルーライト