トップページ >健康ニュースのトップページ > 健康ニュース(食中毒)

Health News

食中毒

夏は、多くの人達がバーベキューなどを行い、屋外で食べる肉や魚などが美味しい季節ですが、同時に食中毒が起こりやすい季節でもあります。食中毒の原因には細菌やウィルスがありますが、6~9月は気温や湿度が高くなるため、細菌によるものが多くなります。細菌のほとんどは牛肉や鶏肉・魚介類などの生ものに付着していて、十分な加熱などを行わず食べてしまうと、腸内で増殖し「腹痛」「下痢」「吐き気や嘔吐」「発熱」「血便」などの症状を引き起こします。集団での食中毒が起こりやすい屋外での食事の際には、しっかりとした予防が大切です。ここで、基本となる3つの予防法を紹介します。

1、
両手、生鮮食品、まな板、包丁をしっかり洗い、食べ物に細菌をつけない。

2、
生肉や生魚は、十分な加熱により細菌を死滅させる。

3、
調理後はすぐに食べるか、クーラーボックスで保存し、細菌を増やさない。

屋外で調理する場合は、食材を冷凍しておくかクーラーボックスで持ち運びましょう。まな板と包丁は肉用と野菜用を別々に用意します。調理用の箸やトングと、食べるときの箸は使い分けましょう。また、念入りに手を洗ったつもりでも、手のしわには細菌が残っている可能性があります。おにぎりは素手でにぎらず、ラップフィルムを使ってにぎりましょう。食中毒が生じた場合、下痢のほかにも嘔吐や発熱、激しい腹痛を伴うときは、医療機関を受診しましょう。また、下痢止めの薬は体内に細菌をとどめてしまうため、自己判断で服用してはいけません。症状が軽ければ安静にして、こまめに水分を摂ることを心がけましょう。

リラックスのイメージ画像