トップページ >健康ニュースのトップページ > 健康ニュース(胃腸の役割・消化酵素・医薬品の適正使用)

Health News

「健康ニュース」

胃腸の役割

消化管とは、口から肛門まで続く1本の管のことをいいます。食物はこの消化管を移動して順次、肛門へと向かっていきます。その際、消化管は、化学的・物理的消化作用によって体に必要な栄養素を取り込み、不要なものを排出する働きをしています。したがって、消化管の一部である胃腸は、生命を維持する重要な役割を担っていることになります。

食物を噛み砕いて消化されやすい形にすると同時に、食物と唾液をよく混ぜ合わせて飲み込みやすい形にします。その食物は、食道を通って胃に送られます。

食物を貯えながら胃液中の塩酸や消化酵素ペプシンにより消化を行い、どろどろになった食物を少量ずつ小腸の入り口にあたる十二指腸へ送り込みます。
小腸
6~7メートルにも及ぶ管状の臓器である小腸(十二指腸、空腸、回腸)の役割は、何種類かの消化酵素の助けにより栄養素の吸収を行います。
大腸
大腸には消化機能はほとんどなく、水分を吸収して糞便を形成、排泄します。

人の体に必要な栄養素を吸収し、不要なものを排出してくれる胃腸は、健康な体を維持するためには重要なものです。体の健康は胃腸からといわれているように胃腸にトラブルがあると、健康な体を維持することはできません。
胃腸の病気の原因は、日常のストレスや不規則な生活、不摂生などでも引き起こされます。
胃腸を大事にして健康な体を保ちましょう。そのためには、休息や睡眠、食べ過ぎ・早食いは避け、よく噛んで、タバコを吸う人は吸い過ぎには気を付け、お酒は飲み過ぎず、ウォーキングなどの適度な運動を心がけましょう。

胃腸のイメージ画像

消化酵素

私たちの体は、摂取した食物の状態では体内に取り込むことができません。摂取した食物を細かく分解し、体に必要な栄養素を取り込むために、「酵素」が活躍しています。
私たちの体内で作られる「酵素」は大きく2つに分けられ、食物を消化や分解し、栄養素を吸収しやすくする「消化酵素」と、吸収された栄養素の代謝に関係する「代謝酵素」があります。
消化は胃や小腸などの消化管自体が行うわけではありません。口から取り込まれた食物は食道、胃などの消化管を通過しながら、消化酵素を含む消化液と混ざり合います。このとき、消化酵素の働きにより体に取り込まれる大きさまで分解されます。
消化酵素はさまざまな種類があり、分解する栄養素が異なります。
消化酵素が不足すると消化や分解が不十分となり、胃もたれの原因になります。さらに消化されなかった食物が小腸に送られると、悪玉菌が増加し、腸内細菌のバランスにも影響すると考えられています。
日常生活においては、食生活の見直しがポイントです。脂っこい食事は消化に時間がかかり、長く胃に溜まります。なるべく消化の良いものをとるようにし、やわらかく煮込むなど、調理方法を工夫することもおすすめです。よくかむことも消化の助けになります。

胃腸のイメージ画像

医薬品の適正使用

医薬品は、効能・効果、用法・用量、起こり得る副作用など、その適正な使用のために必要な情報を伴って初めて医薬品としての機能を発揮するものです。では、薬局・薬店で購入できるOTC医薬品を正しく使用するにはどうすればいいのでしょう。まずは店頭で専門家に相談し、適切なアドバイスを受けることがポイントです。その際には、持病や治療薬の有無、アレルギーの有無や体質、副作用歴、妊娠中・授乳中など、お薬を選ぶときに必要な情報を伝えましょう。
使用する前には自分自身の目で製品の箱に同封されている添付文書の内容をよく読むことです。添付文書は、使用期限をあけて再度使用する際にも内容が確認できるように、製品の箱とともに保管しておきましょう。
添付文書にはそのお薬の飲み方だけではなく、正しく使用するための注意事項が記載されています。
使用時に特に注意が必要な人、使用後にあらわれる可能性のある一般的な副作用や重篤な副作用の症状、一時的に起こりうる軽微な副作用の症状などが記載されています。
その他、【用法・用量】には年齢ごとの1回量および1日の使用回数の記載があります。子供は使用が禁止されている成分もあるため、使用量を調節して大人用のお薬を与えることは避けましょう。高齢者では内臓の機能が低下しお薬の代謝分解が遅くなり、お薬の作用が強く現れることがあります。
添付文書の内容がわかりづらいこともありますから、勝手な自己判断をせずに、何か不明な点があればお薬を購入した店舗の専門家に相談しましょう。

胃腸のイメージ画像