トップページ >健康ニュースのトップページ > 健康ニュース(ドライアイ)

Health News

「健康ニュース」

ドライアイ

目が乾く、目がごろごろする、目が充血する、目が疲れやすいなど、目に気になる症状はありませんか?もしかしたらドライアイの症状かもしれません。ドライアイの患者さんは日本で約800~2,200万人もいるといわれています。オフィスワーカーの3人に1人はドライアイという報告もありますが、自分がドライアイだと気がついていない人が意外に多いともいわれています。
ドライアイというと病気がしられ始めてまだ20年ほどしか経っていませんが、研究が進んできたことにより、定義や診断基準が変わってきました。現在、ドライアイは「さまざまな要因により、 涙の安定性 が低下し、目の不快感や見え方に異常が生じ、目の表面の異常を伴うことがある」と定義されています。涙の安定性は、涙の量、涙の質などさまざまな要因によって決まりますが、原因によらず自覚症状が生じたものはドライアイと診断するのが適切だと考えられています。そのため以前は「ドライアイの疑い」と診断されていた人も「新型ドライアイ BUT(breakup time)(涙液層破壊時間)短縮型」として治療が行われるようになっています。
目の乾きや目の疲れを感じたときは、早めのケアをしましょう。セルフケアの基本は、人工涙液の目薬をさして目の表面の水分量の水分量を増やすことです。減ってしまった涙に限りなく近い組成の目薬を使用することで、涙の代わりに目のバリア機能を果たしてくれます。また、エアコンやパソコンの使いすぎなどの生活習慣が原因の場合は、それらの使用頻度をできるだけ減らすことも有効です。市販の目薬で症状がよくならないときは、ドライアイや他の病気の可能性もありますので、早めに眼科を受診しましょう。

免疫のイメージ画像